LOVE6【trivial matters】LOVE8【素描】

2004年03月01日

LOVE7【destiny】

いつの頃からだろう
君を見て心が解き放たれるような思いがし始めたのは…
僕は何だか君をずっと以前から知っていたような気がする
ずっと、ずうっと以前
君がまだ居なく
僕もまだ存在していない頃から
君の声は母の胎内で聞いていたし
君の眼差しも、そのとき確かに僕は感じていた
いつでも僕を見守っていてくれるような優しさと一緒に
そうして僕らは生まれた
お互いの立場を異にして

kimihiro3 at 18:05│Comments(0)TrackBack(0)  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
LOVE6【trivial matters】LOVE8【素描】