2008年03月

2008年03月02日

LOVE77[あのころ]

あのころのこと覚えてる?
初めて君を海に誘った頃さ

みんなで山に登ったり
夜の街に繰り出して
居酒屋でワアワアやったりしたよね

屈託のない高知弁や
夕焼けを見てる君の後ろ姿

どういった経緯か
覚えてないけど

Sに君のこと好きなんだって言われた時
僕はすごく嫉妬して

なぜか
(Sには負けたくない)なんて
気になって

『抜け駆け』

立場上あり得ないのに…

僕がもし君に
あの時モーションをかけなければ

君は幸せな結婚をし
子供も何人か生んで
幸せな家庭を築いて居たんだろう…

不思議だけど
もうずいぶん前になってしまったんだね

でも僕は後悔してないし
君にも後悔させたくないんだ

いつも憎まれ口ばかり叩いてるけど
本当は君にはとっても感謝してる

僕と一緒に居てくれてありがとう…

kimihiro3 at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

LOVE76[自然]

僕は予言者でも科学者でもないから
地球の将来予測なんてしないけど
このまま温暖化が続くようだと
かなり危ない状況になるということは分かる

そんなことが分かってない指導者
いや分かっていながら目先のことだけに固執している連中が
世界の指導者の中に少なからず居るということが
僕には信じがたいことだった

でも残念ながら
自然のしっぺ返しは彼らにではなく
彼らの子孫や
彼らを自分達の指導者として選んだ人々の子孫に
為されることになる

でもそれは人類にとっては大変なことでも
地球にとってはそんなに大したことでは無い

『自然の成り行き』

因果応報の当然の結果だし
我々人類が天に唾したものが返って来る
それだけの話だ

いくつかの種が絶滅するだろうが
地球にとってはどんな種が生き残ろうが
大した問題ではない

人類以上に地球温暖化に適応出来た生物が
新たな環境の地球のメジャーな生物になっても
温暖化に伴い強烈な疫病が流行り
人類が地球に存在し得ない環境になったとしても
地球にとってはそんなに大した問題ではないはずだ

地球という宇宙の片隅にあるちっぽけな惑星が
もし無くなったとしても
自然にとっては大した問題にはならない

新たなシェア
新たな釣り合いが
新たな世界に適応されるだけの話だ

人類の暮らし難い環境への移行も
我々や自然にとっては大した問題ではなくても
我々の次の世代の人類には
大問題となろうことは想像に難くない

kimihiro3 at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

LOVE75[誕生日2]

あまり時の経過は気にしない方だけど
年明けには君に電話してしまう
「おめでとう」ってね
でも本当は僕にとっては
君の誕生日以外はあまり気にしてない
自分の誕生日だってことも忘れるくらいだからね
言い訳をするつもりじゃないけど僕の場合
君の誕生日を忘れる訳じゃなくて
今日が何月何日かってことを
意識してなかったりするだけだ
だから「誕生日おめでとう」って言われても
自分が気づいてなかったりするんだ
今年も気をつけなくっちゃね
そろそろ君の誕生日も来るしね
最近以前にはおかしいと思ってた君のたらこ唇も
可愛いかなって思えてきた

kimihiro3 at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

LOVE74[何か]

勉強よりも仕事よりも
ましてや金儲けよりも
もっともっと大切な何か…

今日は見つけられそうな気がしている

ひとまずは
君が居てくれることに感謝

・・・・
見つかったよ

勉強よりも仕事よりも
ましてや金儲けよりも
もっともっと大切なこと

僕のとっても近くでね

kimihiro3 at 14:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)