2008年06月

2008年06月14日

LOVE79[卆業]

出会いという始まりの陰に
別れという終わりが覗く
そんなことあたりまえだって
笑い飛ばせればいいけれど

 感傷的な思いに浸る
 自分自身が照れくさくって
 君にかけたさよならの言葉に
 君の微笑みが崩れてた

今なら許せる気がする
すべてのことが許せる気がする
僕達が築いたものが
無駄じゃなかったと言ってくれ


卆業という門出の日に
君に贈れるものなどないけど
元気でいろって手を振る僕に
小さくそっと君は頷く

 できることなら 許されるなら
 このまま時が止まって欲しい
 言葉にならぬ思いの端を
 涙に変えたくないから

僕達が育てた優しさを
いつまでも忘れないで欲しい
きっといつか会える日が来る
その時までさようなら


僕達が育てた夢を
いつまでも忘れないで欲しい
きっといつか会える日が来る
その時までさようなら


Vocaloid の部屋で歌ってます。

kimihiro3 at 01:03|Permalink 歌詞 

LOVE78[遠回りはしてきたけれど]

遠回りはしてきたけれど
多分僕の通ってきた道のすべては
どれ一つだって無駄じゃなかった

なぜって?

だって君に出会ったんだぜ
その一つの出来事で
すべての『無駄』は帳消しだろ?

僕は運命論者じゃないけど
どの一つの無駄だってその
ドラマティックな出来事のプロローグ

どの一つの出来事が無くなってしまっても
『君に出会う』という出来事は
無くなってしまったかも知れないんだ

今ここにこうして僕が居られるのも
そういったたくさんの優しい人達に
出会ってきたお陰なんだ

もちろんムカつくヤツも居たし
許せないような連中も居た

でもそういったことも君に出会うために
必要なプロセスだったのかも知れないだろ?

僕の人生は百点満点とは言えないけど
それなりに満足してる

なぜって?

それは君が幸せそうにしてるからさ


shoe

kimihiro3 at 01:01|Permalink