2013年02月

2013年02月16日

LOVE152[フリューゲルホルン]

中学からやってた
トランペットやコルネット

ネットの楽器リストで見かけて
懐かしくなった

愛用していたトランペットを甥にあげ
吹奏楽器とはほぼ無縁に生きてきた

(もうトランペットも吹くことはない…)

その時はそう思ってたし
『ギターもあるしいいや』って安易な気持ちもあった

今年になって
年末に予約してたフリューゲルホルンが届いた

「やあ元気だった!」

初めての楽器だけど
しばらく会わなかった旧友に再会したワクワク感

期待は裏切られず
トランペットやコルネットと同じ感覚で音が出せた

でも流石に気難し屋の旧友は
以前のように自分の思い通りには歌ってくれない

「君達が大人になっていくら金持ちになっても楽器は演奏できん!
吹奏楽器が演奏できることは財産や」

他界された中学時代のブラスバンド部の先生が
僕らに言った言葉が今更ながら思い出される

「僕は金持ちではないけど
ペットは吹ける!」

中学の時のようにフリューゲルホルンを
枕元に置いて寝るってことはしなかったが

僕はこの『気難し屋の旧友』と
親交を深めようと思っている

flugelhorn

kimihiro3 at 22:52|Permalink  

LOVE151[幸せ2]

今日はお休み。
適度に忙しく
それなりの日々

心の安定は保たれているけど
何か満ち足りてないような気もする

でもこれがもしかしたら
「幸せ」ってことなのかも…

11/05/08

kimihiro3 at 22:50|Permalink  

LOVE150[夏'12]

窓から眺めると
夏の入道雲

(あそこまで登ってみたい…)

地上には瓜畑
いつものように
いつもの農夫が
水を撒いている

僕は網戸越しに見える景色を
頬杖をつきながら
ただ漠然と眺める

手に当たる無精ヒゲ

下行く人は
日傘を指してる

(でももうすぐ
夕立が来るだろう)

特に待ち侘びてる訳でもないが
農夫の水撒きを無駄にするにしても
日傘のおばさんが襲われても

夕立はこの熱く火照った都会に
涼をもたらしてくれるはずだ


kimihiro3 at 22:45|Permalink