LOVE10【春の訪れ】LOVE12【春】

2004年03月24日

LOVE11【雪女】

ひらりひらりと舞い落ちる雪
「コンコン」 狐?
いや 戸を叩く音だ
雪女かも知れない
遠い山奥から僕達を眠らせにやってきたのだ
ありがたい!
僕は眠られずに困っていたところだ
しかし その前に君を眠らせねばなるまい
"冷たい息"ならぬ"暖かい息"を吹きかけて…
戸口に出てみると何のことはない
ただ風に雪が舞うだけだった
風!?
そうだ 風だったのだ
ニヤリ!
君は何も知らずに眠りこけている
・・・・
やや!何だ!
雪女はここに居たのだ

kimihiro3 at 13:13│Comments(0)TrackBack(0)  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
LOVE10【春の訪れ】LOVE12【春】