LOVE128[ベテルギウス]LOVE130[花火]

2012年04月01日

LOVE129[雨上がり]

窓を開け放てば
広がる鈍色の空

歩く人も傘を差さず
飛び交う小鳥の群れ
自転車に乗った子供…

東向きの窓からは
いつものような
眩しい太陽の日差しは無く

湿った風が微かに入る

(遠くからのセミの声…)

向かいのアパートの上にある
テレビアンテナに
小鳥が止まろうとし

アンテナが動いたため
すぐに飛び立った
(アンテナが不安定なようだ)

続いて次の小鳥も…

使われなくなったVHFのアンテナは
もうどうでも良いらしい

アパートのおばさんが
窓を開けて布団を叩いた

(こちらと視線が合いそうだったためか
すぐに網戸を閉めた…)

いや
もうひとつの布団…
払ってまた閉めた

向かいのアパートまでの距離は
畑を挟んで
四十メートルほどだろうか

小鳥たちもセミも
いや人間たちも
雨上がりは清々しいようだ

(緑の帽子をした畑のおじさんも出てきた…)

kimihiro3 at 19:46│  
LOVE128[ベテルギウス]LOVE130[花火]